アレルギーに注意

婚約指輪を贈るにあたって、もしも彼女が金属アレルギー等を持っているのでしたら中々選ぶのに苦労する事になるでしょう。金属アレルギーは誰にでも起こる可能性のある症状ですので、今アレルギーを持っていなくとも将来発症する可能性は残っています。汗などに溶け出した金属が金属イオンを作りだし、それが体内に入ることで拒絶反応が起こる、と言うのが金属アレルギーの仕組みです。主に婚約指輪で使われるのは、プラチナや金といった溶けにくい金属ですが、繋ぎとしてパラジウムや銅を使用しているため中々症状を抑えることは出来ないのです。

もしそうした金属アレルギーを持っている方に贈る場合でしたら、少々値は張りますがプラチナや金の繋ぎにレアメタルを使ってる物を選ぶと良いでしょう。レアメタルは、チタン・ジルコニウム・ハフニウムなどいくつか種類があります。金属アレルギーを引き起こしにくいとされているため、アレルギー持ちの方であっても安心して付けることが出来ます。

ただし、起こりにくいというのは、起こらないとイコールではないので必ず病院などでパッチテスト等を受けてから購入するようにしてください。逆に銀やクロム、錫、パラジウムなどは金属アレルギーを引き起こしやすいと言われている金属ですので、金属アレルギーをお持ちの方にプレゼントする場合は絶対に避けましょう。